閉じる

きめ細やかな教育

きめ細やかな教育

本校は、生徒全員に「個」を確立して欲しいからこそ、一人ひとりの「個」を大切に、きめ細やかに育てています。個性を伸ばす教育は、自学自習となって現れ、聖徳学園の伝統として根付いています。

2名担任制

中1・中2へは、自立を促し自学自習を定着させていくために、手厚いサポートとして2名担任制をとっています。各クラス2名の担任が一人ひとりをしっかりと観察し、特性を認めることで自己肯定感へとつながり、その自己肯定感がやがて自学自習の意欲へと発展していくのです。

高校生へのサポート

高1では、一貫生と高入生は別々のクラスで学びますが、行事や部活動を通じてすぐに打ち解けます。特に春に実施するスプリングキャンプは、高入生・一貫生といった垣根を越えて交流を深めるきっかけとなります。

ICT機器の扱いも、全教科の授業で活用するため、早い段階で身についていきます。

またグローバル教育に関しては、課外授業「グローバルセミナー」や、総合的な学習の時間で取り組む「国際協力プロジェクト」などを通じて、高校からでも本校が目指すグローバルマインドの獲得に向けてチャレンジできます。

きめ細かい学習サポートを可能にするICT

生徒は個性も異なれば、学習進度や理解度も当然異なります。一人ひとりをきめ細かくサポートし、自学自習の環境を整えるために本校が活用するのは、校内専用のSNS「Talknote」です。

現在、コミュニケーション能力の育成が社会でも求められています。「グローバル教育」「アクティブラーニング」を語る際もそのコミュニケーション能力というワードは欠かすことなく登場します。

そのため、コミュニケーションツールとしてTalknoteを用いることで、安心安全な環境から利用して慣れていき、将来的に学外でのSNSを使いこなせるようになる。その段階を踏むべきだと考えています。

常駐のスクールカウンセラー

臨床心理士の資格を持ったスクールカウンセラーが日常的に教育現場に関わっています。悩みを抱えた生徒の相談を受けるだけでなく、積極的に生徒と触れ合うことで、一人ひとりの違いを認めて伸ばすことのできる教育環境を整えています。教員が生徒と徹底的に向き合い、生徒が自己肯定感を持てるようになったときはじめて、自ら学ぶ姿勢が確立します。