閉じる

NEWS

休校期間 中学1年生の取り組み<1>

2020/5/14

5月も半ばを過ぎ、木々も青々と繁り、気持ちの良い毎日が続いています。

部屋の中から外を眺めていると、去年は…、なんて思ってしまうこともかもしれません。

ですから、私は、できないことを数えるのではなく、生徒たちに、「今できることをやっていきましょう」と伝えています。

さて、中学1年の担任より、中1の生徒とどのようにコミュニケーションをとっているか、また授業を行っているかなど、何回かに分けてレポートします。

まず、本校のICTの取り組みですが、中1は、iPadの箱を開くところから始まります。

そして、最初は、トークノートとロイロノートスクールというツールのみを使っています。

いわゆる、zoomを使っての活動は行っていません。

まずは、iPadに慣れる、というところを大切にしています。

ただ、顔をお互いに見ての会話をしていないので、生徒同士、顔を知らない状態です。

また、教員も顔写真を送ってもらっただけなので、実際にはほとんどの生徒と直接、お話できていません。

ですが、遠隔のやりとりで生徒の様子がなんとなくわかります。

ではどのような感じで、生徒とコミュニケーションを取っているか、ご紹介します。

今回は、iPadを送るところから、授業開始まで。

4月上旬。先生たちで発送準備。

一人ひとりの名前を読みながら、間違えないように、説明書やIDなどをセットして梱包。

名前を見て、どういう子なのかな?とか、箱を開いたとき、嬉しいんだろうな〜、なんて想像しながらのパッキング作業はとても楽しい時間でした。

また、iPadだけ受け取るのも味気ないのでは?ということで、担任からのメッセージを添えました。

さて,次回はいよいよ授業開始です。