CLOSEOPEN

学園の様子や最新情報をお届け!

LINE BUTTON

閉じる

NEWS

高校一般入試を迎えて 学校長メッセージ

2021/2/6

 聖徳学園高等学校の入試まであとわずかとなりました。入試を直前にして、緊張している人も多いでしょう。

 受験生の皆さんは不安の中で勉強を続けてきたと思います。ただでさえ大変な中学3年生なのに、今年は予想もしていなかった新型コロナウイルスの問題が起きました。本来なら色々な思い出を作る時期に、行事やクラブ活動が出来なかったり、毎日感染防止に気をつかったり、皆さんはつらく厳しい毎日を過ごし、大きな困難を乗り越えてきました。

 「神様は乗り越えられる人にしか、試練を与えない」という有名な言葉があります。
この言葉には、「あなたには、この困難を乗り越える力があると神様が判断したから、この試練を与えたられたのです。ですから前向きに考えて頑張りなさい。」という意味が込められています。今年、聖徳学園高等学校を受験する皆さんは、きっとこれまで受験した人よりも強い心を持っていると思います。冬が終わって寒さに耐えていた花が一斉に咲き誇るように、高校に進学したらそれぞれの分野で活躍してくれると信じています。

 入試を前に次の言葉を皆さんに贈ります。自分を信じてしっかりと食事や睡眠をとって万全の体調で試験に臨んでください。

 何としても二階に上がりたい、どうしても二階に上がろう。

 この熱意がハシゴを思いつかせ、階段を作りあげる。

 上がっても上がらなくてもと考えている人の頭からは、ハシゴは生まれない。

- 松下幸之助(日本の実業家、発明家、パナソニック創業者 / 1894~1989)